参考データ:各国における人口1人あたりのCO2排出量(2014年) | 株式会社エティーサ研究所

参考データ:各国における人口1人あたりのCO2排出量(2014年)

各国における人口1人あたりのCO2排出量(2014年)はグラフのとおりです。

・2014年の国別CO2排出量では中国、アメリカ、日本が多い(参照)ですが、人口1人あたりでみるとCO2排出量はアメリカ16.4t-CO2、オーストラリア15.2t-CO2、カナダ14.6t-CO2の順に多いです。

・日本の人口1人あたりのCO2排出量は年間で9.5t-CO2です。9.5トンのCO2と言われてもピンとこないので、ガソリンで例えますと4,095ℓに相当します。ドラム缶が200ℓ/本ですから、20本程度になります。(ガソリンのCO2排出係数を2.32kg-CO2/ℓとして計算)

本資料のご利用は御自身の責任の下でお願いいたします。本資料に含まれる情報により生じるユーザーのいかなる損失または損害に対しても、当社は何ら責任も負わないものとしますので予めご了承ください。©2017 ETISA co., ltd